着物はリサイクルできるって本当?

取っておきたいと思っても、着物はかさばります。

また、大切に保存していたけれど虫食いやカビのせいでもう着ることができないから処分するしかないという方はいらっしゃいませんか。
処分方法としては捨てること、そして売却の二つがあります。

多くの方は「少しでもお金になればいいな」と思って売却という選択肢をとりたいなと考えるのではないでしょうか。

しかし売却はけっこう大変です。

なぜなら、私服などの広く流通しているものは簡単に引き取ってもらえますが、着物の場合はリサイクルショップによっては引き取りを拒否していることがあるからです。

同じ着物でも生地や型が異なることもあり査定は難しい、また、私服と違ってかさばるため在庫を抱えておくのが大変というお店側の事情があるようです。

もし引き取ってくれたとしても専門のリサイクルショップでなければ買い値が安いという欠点もあります。

だからこそ専門店へ売却することが重要なのですが、専門店を見つけることから始まって、そのお店の評判のチェックなど売却にたどり着くまでが大変です。

しかし、何も売却をしなくてももっと別の方法でリサイクルすることが可能なのです。
着物の処分方法として第三の選択肢があります。それはリメイクです。
着物から現代風のドレスや私服、スカート、コートなどを作ってくれるお店もあります。手芸の得意な方は自分で型を用意して作るのもいいでしょう。

まさに和風モダンな素敵な服へリサイクルというわけです。
他にもバッグや筆入れ、傘などにリメイクも可能です。

ちょっとしたポーチを布地から作ることもできますので、姉妹や母子でおそろいの一品が作れてしまいますね。

印象的な柄部分を上手く使えば高級感とハイカラさが同居した見事な小物に仕上がることでしょう。

小物へのリサイクルは工夫次第で千差万別です。

これなら虫食いやカビの部分を避けて活用できますので、売却や処分だけでなくこういった着物のリサイクルも是非検討してみてくださいね。