中古として着物は売ることができる

着物が必要だからと購入してから、数える程しか着ていないのが現状です。

頻繁に着る機会があるのであれば問題はありませんが、そんな機会がないのであれば、いつまでもタンスの奥にしまっていても意味はないでしょう。

時が経つにつれてサイズにズレが生じてしまい、着るに着られなくなることもあります。

だからといって捨てて処分するのは、高いお金を支払って購入したことを考えるともったいないです。

そこで、中古として買取専門店に着物買取nにいくと良いでしょう。
中古扱いになるので、購入したときに支払ったときの値段の程高くは売れませんが、捨てて0円よりも良い結果にはなります。

購入時よりも少し安くなってしまいますが、中古の着物をお金に換える方法となるのでオススメです。

少しでも高く売りたい場合は、今後も着物が必要とされるように手入れすることが必要です。

 

買取専門店に売った着物は、その店で今度は売られるので、知らない誰かに渡る可能性があります。

この点を考えると、中古だが着物としてまだ使えることをアピールすることが、高く売るための方法となります。

手入れするべきは、着物の汚れやシミ、糸のほつれ、生地の傷などになります。

これらを取り除くことで、着物としてまだまだ着ることができる状態をアピールすることができ、高く売ることができます。

中古であっても、それを感じさせないことがポイントになるので、手入れを適当にしないように注意しなければなりません。

また、小道具一式に購入時についていた箱や袋などもセットにして売ると、お得感を演出することができ、より高く売れるようになります。

買取専門店に着物を買いに来た人も魅力を感じ、購入されやすくなるので、店側として嬉しいポイントとなります。

 

また、買取専門店に売る前に、取り扱われていることを確認しなければなりません。過去に査定した実績があれば、適正にチェックされます。

実績がなければ適当なチェックとなり、安く買取られる可能性があるので、店選びには注意しましょう。

着物はリサイクルできるって本当?

取っておきたいと思っても、着物はかさばります。

また、大切に保存していたけれど虫食いやカビのせいでもう着ることができないから処分するしかないという方はいらっしゃいませんか。
処分方法としては捨てること、そして売却の二つがあります。

多くの方は「少しでもお金になればいいな」と思って売却という選択肢をとりたいなと考えるのではないでしょうか。

しかし売却はけっこう大変です。

なぜなら、私服などの広く流通しているものは簡単に引き取ってもらえますが、着物の場合はリサイクルショップによっては引き取りを拒否していることがあるからです。

同じ着物でも生地や型が異なることもあり査定は難しい、また、私服と違ってかさばるため在庫を抱えておくのが大変というお店側の事情があるようです。

もし引き取ってくれたとしても専門のリサイクルショップでなければ買い値が安いという欠点もあります。

だからこそ専門店へ売却することが重要なのですが、専門店を見つけることから始まって、そのお店の評判のチェックなど売却にたどり着くまでが大変です。

しかし、何も売却をしなくてももっと別の方法でリサイクルすることが可能なのです。
着物の処分方法として第三の選択肢があります。それはリメイクです。
着物から現代風のドレスや私服、スカート、コートなどを作ってくれるお店もあります。手芸の得意な方は自分で型を用意して作るのもいいでしょう。

まさに和風モダンな素敵な服へリサイクルというわけです。
他にもバッグや筆入れ、傘などにリメイクも可能です。

ちょっとしたポーチを布地から作ることもできますので、姉妹や母子でおそろいの一品が作れてしまいますね。

印象的な柄部分を上手く使えば高級感とハイカラさが同居した見事な小物に仕上がることでしょう。

小物へのリサイクルは工夫次第で千差万別です。

これなら虫食いやカビの部分を避けて活用できますので、売却や処分だけでなくこういった着物のリサイクルも是非検討してみてくださいね。

リサイクルショップで着物を買取してもらう

もう着ることがなくなった着物を、いつまでもタンスの奥底にしまっておくことはもったいないです。

だからといって捨てて処分することも、もったいないので避けることがオススメとなります。

そこで、捨てて処分するのではなく、リサイクルショップで買取依頼をし、お金に換えることがオススメです。
リサイクルショップであれば、古着であっても対応してくれることから、もう古くなった着物を買取してくれます。

着物を処分することができる上に、お金を得ることができる方法となります。

注意として、高く買取してもらえると考えてリサイクルショップに行かないようにしましょう。

買った当時のような値段はつかず、それよりも低い価格となることを事前に考えておくと良いです。
もし、高く買取して欲しいのであれば、リサイクルショップに行く前に着物を手入れすると良いでしょう。

糸のほつれや汚れ、傷、シミなどを取り除くことで良い状態に仕上げることができます。

埃まみれになっている場合は、掃除機等で綺麗にし、新品同様に仕上げると高い値で買取してもらえる可能性が高くなります。

リサイクルショップを通して誰かに使ってもらうことを考えることで、良い状態にすることができるでしょう。

そして、購入した時に付いていた箱や袋、さらに小道具一式もセットにすると価値が上がります。

これも高い値がつくポイントとなるので忘れてはいけません。また、まとめて処分できる方法でもあるので、もしもの時を考えるのではなく、必要ないと判断して処分しましょう。
リサイクルショップに買取を依頼する際、着物を扱っているかをチェックすることがオススメです。

着物を扱っていれば、どれくらいで買取してもらえるかが予想でき、過去に査定している実績があるので、安心して依頼することができます。

着物を扱っていなければ、そのお店は避け、他のお店を探すと良いでしょう。

少し労力と時間がかかってしまいますが、高く買取してもらうための方法なので、妥協せずに取り組む必要があります。

断捨離に着物の買取

josei1買った時は高かったのに結局あまり着なくなってしまったりデザインが古くなってもう着ることが無い着物、また親や祖母などから受け継いだけれどシミや傷みが激しくて処分に困る着物など箪笥の肥やし状態になっている方も多い事でしょう。
そんな着物を買い取ってくれる業者が最近は増えています。
しかも通常だと買取が出来ないような柄やデザインの古いもの、色が褪せている物、家紋が付いている物やシミや傷みがある物でも大丈夫な業者もありますし、他にも着物小物類や帯、草履など関連する物も一緒に買取をしてくれるので一気に家の中に空間が生まれスッキリします。
また最近は買取業者が近所には無いという場合でも全国出張査定や宅配便を利用した査定、メールやラインを使った査定が出来る業者もありますので利用されると便利です。
ラインやメールを使った査定方法としては査定してほしい着物等の画像をスマホや携帯のカメラで撮り、それを専用のアプリやメールアドレスに送ると後日査定結果をメールやラインで送ってくれるのでその結果に納得したならば引き続き買取手続きを行います。
また宅配便を利用した査定の場合は受付を電話やメールで行うと後日宅配用の書類等が送られてくるのでその書類に記載し、必要な書類を同梱した上で査定してもらいたい着物を宅配業者に取りに来てもらい着払いで送ります。
そうすると後日着物の査定結果の連絡が来ますのでその金額に納得したならばそのまま買い取ってもらい、納得しなかった場合は返送してもらいます。
気になる買取代金の受け取り方法ですが、メールや宅配ともに利用した方の指定した銀行へ振り込まれるシステムなので面倒な手間が一切かかりません。
このように近くに買取業者が無い場合でも宅配やメール、ラインを利用して簡単に買い取ってもらえるので荷物を運ぶのが大変な年配の方や女性の方でも運ぶ手間も必要ありませんし、業者を家に上げる必要もなくお忙しい方にも人気があります。